【VBA】ブレイクポイントを保存する方法

VBAではコードと一緒にブレイクポイントを保存することができません。

ただし、ブレイクポイント同様に処理を停止させる「Stop」メソッドをコードに記述することで、疑似的にブレイクポイントを保存することが可能です。

Stopメソッドを利用して処理を停止する

通常の場合

「Stop」メソッドを処理を停止させた位置に記載します。

Stop

以下の例では「Test1」のダイアログを閉じた後、処理が停止します。

    MsgBox "Test1"
    Stop
    MsgBox "Test2"

デバック時のみ停止する場合

以下の例のように、デバック用の変数を用意して条件判定を行うことで実現可能です。

  If DebugMode Then Stop

ブログランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました