【Visual Studio】XML/JSONファイルからシリアライズクラスを自動生成する方法

スポンサーリンク

XML/JSONファイルから自動でシリアライズクラスを生成する方法について説明していきます。

準備

「APS.NETとWeb開発」がインストールされていない場合、シリアライズクラスを自動生成ができません。

未導入の場合は以下の手順でインストールを行います。

1.「Visual Studio Installer」を起動します。

2.「変更」をクリックします。

3.「APS.NETとWeb開発」にチェックを入れ「変更」をクリックします。

以上でインストールが完了です。

シリアライズクラスを自動生成する

1.XMLまたはJSONをコピーします。

2.シリアライズクラスを作成するクラスを開きます。

3.上部メニューの「編集」をクリックし、「形式を選択して貼り付け」を選択します。

4.XMLの場合は「XMLをクラスとして貼り付ける」、JSONの場合は「JSONをクラスとして貼り付ける」をクリックします。

以上で完了です。

ブログランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました